下手くそテニスコーチ指南書のブログ

テニスが下手くそなコーチに贈るコーチ指南書を書き綴ります。もちろん、私も下手くそです。

ストロークとは

こんばんは

 

今回はストロークについてお話しさせていただきます。

 

ここでいうストロークとは、

ワンバウンドした後、打つボール

のことです。

 

 

ストローク

「縦と横のスイングで出来ている」

 

 

ですね。サクサク様申し訳ありません。さすがに今回は意味、分かりませんよね…

 

 

説明しましょう

 

 

テニスのスイング。

 

これは始め見よう見まねだと思います。

 

今までの人生経験を踏まえて、もしくはコーチを見て、「ハイ、では打ってくださーい」と出されたボールを打ちます。

 

このときのスイングです。

 

 

何も分からないときに、無意識に、動いている身体の動きが、縦と横なのです。

 

 

 

直立してください。イメージして…

 

「縦とは…」

手を正面また背面に動かす動作

縦の動作により生まれた高低差を利用し、ボールに縦回転(ドライブ)を加える

 

 

「横とは…」

手を右また左に動かす動作

横の動作により生まれた前後幅を利用し、ボールに球威を加える

 

 

イメージできますでしょうか。

手をブラブラ、正面から背面に背面から正面、右から左に左から右に動かしてください。

 

この二つの動作を合わせることで、全くの初心者からプロのテニスプレイヤーまで、ラケットをスイングしているのですね。

 

 

その証拠に、スイングの軌道って斜めですよね。

 

これは、縦で回転を加え横で球威を与える作業を並行して行っているからです。

 

 

 

すみません熱くなってもいいですか。

 

 

細分化の魅力はここからなんです!!!!

 

 

つまりですよつまりですよ

 

この理論を応用すれば、様々なことに対応できるんです。

 

 

例えば、

ラケットを高く構えれば構えるほど、ナチュラルに回転力が増していきます。

逆にボールに回転が掛からない方には、この高低差を意識させれば良いのです。

 

 

 

厄介なのは横です。

 

基本的に、テニスでは、脱力を意識してください。

 

え、なんで?

 

そうです。もっと疑問をもってください。脱力脱力ってどこを?なんで?

 

 

 

まず、脱力する場所ですが、

 

 

ぎゅーっとラケットを握っている手の力を抜いてください。

 

なぜなら、タッチが使えなくなるからです。

 

私がいうタッチは器用さのことです。

 

 

 

 

ラケットとボールありますか?

 

 

ラケットを構えて、その面に向け、ボールを上から下に落としてください。すると跳ねますよね。

 

 

これ、力が入ってるとポーンと高く跳ねますが、

 

力を抜いた状態でボールを落とすと、

跳ねません。

 

 

当たり前です。ボールの衝撃でラケットが下がるからです。

 

 

 

これが、スイング中にも起こっています。

 

 

力を入れてスイングをすると、ポーンとすぐ跳ねてしまい、当たった感覚がありません。

 

 

しかし、力を抜いてスイングをすると、ラケットがボールの衝撃による影響を受けますので、結果、ラケットとボールとの接地時間が伸びます。

 

これにより、どうなるか。

 

 

人間ってすごいもんで

 

力を抜いた状態でのスイングのさい、例えば面の上の方にボールを当ててしまったミスを、繊細なタッチで修正してくれるんですよね。

 

すごい人間。

 

だから脱力しないといけないんです。

 

 

 

あと、横の動作を応用して、ボールにより強い球威を加える場合

 

(右プレイヤー)手を右いっぱいに引いて

、左いっぱいに振り切る。

 

 

ことはやめてください。

 

 

 

なぜなら、手を含む腕ってのは、リーチが長すぎるんです。

 

 

そのため、同じ動作がしづらい。

 

同じ動作ができないと当然ミスが増えます。

 

そして、野球では1点だけで勝つこともありますが、テニスでは最短でも1set 24点も必要なので、同じ動作が必要になります。

 

 

 

そのため、手ではなく、腰を動かしてください。

 

 

手を右から左に100回振るのと腰を右から左に100回振るのでは、可動域が小さい、腰の方が同じ軌道をえがきますよね。

 

 

 

ポイントまとめ

縦→高低差→ボールの回転量変化

 

横→左右差→ボールの球威変化→脱力→手→タッチ→腰

 

 

細分化応用指導方一例

 

Q.ボールに回転がかかりません

A.ラケットを高く構えてみてください

 

Q.ボールが飛びません

A.腰を動かしてください   

 

Q.力加減が分かりません

A.手の力を抜いてください。

 

 

 

次回 ボレーのお話をしましょう

 

 

 

 

 

 

 

まとめ戻る
http://tenniskoyubi.hatenadiary.jp/entry/2017/04/08/231223